普通の主婦の裏ブログ

仕事のこと、お金のこと、生活のこと、誰にも言えないこと。

ふざけるな

昨日は腹が立った。

腹が立ったなんてものじゃない。

頭から火が出そうだった。


主人から、事業を小さくするというメール。

私がいないと仕事がまわらないからと。


ふざけるな。


私がこんなになったのは、おまえのせいだ。


仕事とプライベートの境もなく、全てわたしにおしつけ、仕事も丸投げ、愚痴もきいてくれなかった。

それでも仕事をここまでにしたのは誰だ。


もう10年以上、私はおまえが暴れても叫んでも鬱病のせいだと言われて我慢した。

おまえは鬱で休職中も毎日深酒していたな。

おまえが私に投げつけたガラスのコップは少し方向がずれたおかげで壁に穴があいた。

身の危険を感じておまえのかかりつけの病院に電話したら、おまえは私の方が病気なんだと嘘ばかり話していたらしいな。

絶望した。

お望み通り病気になってやったよ。


おまえが国家公務員をやめても何も言わなかった。それで元気になるならと。

事業を始めるときいて応援した。

しかし開業して半年、受任は母親からもらった一件のみ。おまえは毎日寝ながらマンガを読んでいた。

何の計画もなかったのか。そこまで頭悪かった!?

呆れ返った。


私は自分の仕事をやめて営業にまわった。

何が仕事かも誰がお客様なのかも分からないところから。

バカにされても恥をかいてもしょうがない。

資格がなければできない仕事だけど、夫の資格で夫の名前で中身は私が作った。

勉強もした。

人脈も作った。おまえがよく見えるよう演出した。

事業計画も作った。

気づけばある分野で有名になり、専門家と呼ばれる事務所になった。


けれど、先月のある夜、お前は私を事務所にいらないと言った。

その夜もお前は飲酒していた。

誰が言ってもやめられない。

お前はアル中だ。

朝になったら何を言ったのか忘れている。


でも許せなかった。

堪忍袋の緒がきれた。

いまさら、いまさら、これまで私がしてきたことを、なんで。

死にたかった。

お前が暴れたとき殺されていれば良かった。


朝になったらやっぱりお前は忘れている。

でも私には忘れられない。

お前は私を不要と言った。


私がいなくてもやってけるだろう。

ゼロから作るより1000倍簡単だろう。

それをたった1ヶ月で事業縮小するってどういうつもりだ。


死ぬ気で稼げ!

営業まわってこい!!

おまえの事務所だ!!